ひつじ×うま=ねずみ+うさぎ+おんなのこ


5人になった家族の毎日
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ダイモにはまる私 1 | main | スイカの会とプールの会 >>
ダイモにはまる私 2

1つ前の続きです・・・◎



スイッチプレートの文字を差し替えたのですが
1回目は折ってはならぬ部品を折り・・・失敗。

なんとかボンドでくっつけバレずに済む◎


翌日は慎重に・・・!ネットで調べました!

そしたら・・・!

どうやら初めに枠を外すようです。。。







私の二の舞にならないように・・・!

手順を載せておきます↓↓
mae.jpg


(片手でカメラを持ってるので片手作業ですが、
絶対!両手でやった方がいいですよー)

1)
枠を上に押し上げる
up.jpg

2)
ツメを折らないようにそっとめくる

※そっと、と言ってもある程度勇気が必要です!エイヤッ!
hazusu.jpg

3)
枠が外れたら、ドアを開ける要領で、左側に開くように開ける
akeru.jpg
↑前日に私が折ってしまった部品が
 ホタル(緑に光ってる)部分に凸凸あります。キヲツケテ!


4)
スイッチプレートの裏側に「OPEN」と書いてあるので開ける
mado.jpg

5)
文字を打った紙などをサイズに切る
tepu.jpg

6)
手順をさかさまに、元に戻す

プレートを戻すときには、ホタル(緑の光)部分を先に押し、
それから右側をパチン!と留めるとスムーズです◎

枠は上からパチンパチン!と簡単に留まります。
ato.jpg


簡単にイメージチェンジできるので、楽しいです☆


               ++

調子に乗って、家中のスイッチをコレにしました!!




最後に、前日に失敗したので見ないようにしてたニッチの部分↓

chuukann.jpg


右側に2つ並んでる「床暖房」のスイッチが
ちょっと気になったので・・・↓「ダイニング」とかのシールが
moji.jpg

剥がして、フタをあけた内側に貼りました↓
nakani.jpg


ちょっとだけ、スッキリ☆(自己満足全開!!)
nitti.jpg


そうなると、インターフォンの日本語が気になったので
これもダイモしてみました・・・↓
fonn.jpg

うーむ、、、気になる部分を隠そうとすると、
かえって目線がそっちに行ってしまう!

コレ↑がいい例です。。。
やりすぎはいけませんー×

見て欲しくない部分が小さかったり、目線の位置よりずれてたら
触らぬ神に・・じゃないけど、触らないで
そのままにした方がいいことがあるんだわ、といいお勉強◎





やっぱり、コレ↓に落ち着きました◎
nitti.jpg




自己満足だけど、ココは私の家だから
自己満足でいいのだー!

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
「自己満足」大事ですよね♪
自分の家だもん。自分が気に入るようにするのが一番^^

それにしてもスッキリッしてますね!
羨ましい^^
インターホンの上の置物(つの?アザラシ?)も何気なくてカワイイ。

実家に同じスイッチプレートがありますが、怖くてカバー外せませんでした!
KUUさんのお陰で救われた人がたくさんいますね^^
トリコ | 2010/06/29 10:24
KUUちゃんこんにちは。

へー!あれ外せるのっ!?
わたしスイッチの上からシール貼ってたよ!
ピロピロ剥がれてきてて
息子が触ってさらにピロピロ・・・。
よしっ!
はりかえよう〜!!
ありがとう、KUUちゃ〜ん♪

>自己満足だけど、ココは私の家だから
>自己満足でいいのだー!

↑ほんとその通り!!パチパチ♪
自己満足ばんざーい!
saori | 2010/06/29 13:57
KUU→トリコさん

すっきりしてるかなー!わーい◎

ここのスイッチ集合場所は、確認せずにいたけど
全部白っぽいスイッチが揃ってて
ラッキーだった場所なの。

インターフォンの上に乗ってるのは
白山陶器さんの鳥の箸置きでーす!
指輪掛けにつかってるよ☆
●トリコさんへ | 2010/06/30 14:02
KUU→saoriちゃん

そうなの!外れるの!
家作り中に他のブログで読んでから
「いつかやってやるー」と思いつつ、
1年経ってやっとこできたよ!

本当は白の紙に黒文字で書きたかったんだけど!

saoriちゃんもぜひぜひやってみてちょー☆
●saoriちゃんへ | 2010/06/30 14:04
COMMENT









Trackback URL
http://h-u-n.jugem.jp/trackback/288
TRACKBACK